昨夜の夢占いを知る


昨夜の夢占いを知るブログ : 2016/11/07


インキンタムシ(陰金田虫)とは、
医学的に股部白癬(こぶはくせん)と言い、
かびの仲間である白癬菌が陰嚢や股部、
臀部などに何らかの理由でうつり、
寄生してしまう病気であり即ち水虫のことです。

心筋梗塞というものは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の内腔が狭くなってしまい、
血流が途切れ、重要な酸素や栄養を心筋に送ることができず、
筋細胞自体が機能しなくなる怖い病気です。

今、比較的若い世代で結核(けっかく)に抗う免疫、
すなわち抵抗力を保有しない人々が増えていることや、
早合点のせいで診断が遅れることが原因の集団院内感染(アウトブレイク)が増加しているようです。

内臓脂肪が多いことによる肥満と診断されて、
脂質(lipid)、塩分の摂取などによる「高血圧」、
糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2項目以上に該当するようなケースのことを、
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と称しているのです。

5-HT神経は、自律神経を整えたり痛みの制圧、
様々な覚醒などを操作していて、
大うつ病(単極性気分障害)の患者さんでは動きが鈍化していることが科学的に判明している。

ダイエットしたいがために摂取カロリーの総量を控える、
1日3食のうち1食を飛ばす、そんな生活のスタイルがひいては栄養までもを不足させ、
慢性的な四肢の冷えを招いていることは、
多くの先生方が危惧されています。

トコトリエノールの働きは酸化を遅らせる作用が殊更認知されていますが、
それ以外に肌をきれいにする効果や、
血清コレステロールの生成を抑制したりするということが言われています。

万が一検査で予想通りエストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が基準値よりも足りず早発閉経(Premature Ovarian Failure)と判明した場合は、
足りない女性ホルモンを補う処置方法で緩和が期待できます。

塩分と脂肪の摂取過多を避けた上で運動に励むだけでなく、
ストレスを感じすぎないような毎日を心がけることが狭心症を起こす動脈硬化を事前に防ぐ知恵なのです。

折り目正しい穏やかな生活の保持、
食べ過ぎないこと、続けられる体操等、古臭いとも言える自分の健康への意識が皮膚のアンチエイジングにも活用されるといえます。



このページの先頭へ戻る